【仮説】人工的にフローをつくりだすための条件【集中力向上】

こんにちは

ミギマワルです(@migimawaru

オナ禁したり完全無欠コーヒーを飲むようになったりして大分マシにはなったが、ぼくは基本的に集中力が無いタイプだと思っている。

ただ、たまにものすごく集中力が上がって時間の感覚が無くなる時がある。これが俗に言うフロー状態というやつではないかと思う。

何がその状態を引き起こしているのだろうかと考えた。

ぼくの出した仮説としては、以下の条件が揃った時に集中力が上がり、フロー状態が引き起こされる気がする。

フロー状態をつくりだす条件(仮説)

  • 自分ひとりの空間
  • 耳栓によるノイズの遮断
  • 若干肌寒いくらいの室温
  • 快適な湿度
  • 質、量ともに十分な睡眠
  • 取り組んでいることが好きでやっていること
  • ケトーシス
  • 体内の炎症が低い

以上の条件が揃うと時間の感覚を失うくらいの集中状態(フロー状態)に入れるように思う。

全部を実行できればより効果は大きいと思うが、一部を実行するだけでも恩恵は得られる。

ケトーシスに入るためには完全無欠コーヒーが便利だ。

ハイパフォーマンスを目指すあなたへ送る最強の朝食「完全無欠コーヒー」のススメ

 

体内の炎症レベルを下げるためには腸内環境を見直すのが効果的だ。

腸内環境をコンディショニングして最高の自分を引き出す方法

 

そして、個人的にお手軽で効果が大きい耳栓もオススメする。

特にぼくのように周囲の音に敏感なタイプの人間には、耳栓は本当に効果が大きいのでぜひ試してみてほしい。

耳栓は100円均一に売っている安いやつでも特に問題ない。ぼくはダイソーで買ってきたのを使っている。

もし他に集中力を高める方法を持っている方がいたらぜひ教えてほしい。

それでは、また!

ミギマワル(@migimawaru

フォローしてコメントなどしてもらえると、ぼくの人生が楽しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です