【幸福と自信の原動力】自分の強みを中心とした『人生戦略』のススメ

こんにちは

ミギマワルです(@migimawaru

 

最近配信がはじまった、オナ禁界を牽引するストイックマンさん(@stoicman_nofap)のメールマガジン「禁欲主義者からの手紙」に登録しました。

その中で語られていることに、「自分の強みを認識する」というものがありました。

ぼくも自分の強みを認識することは大切なことだと思っています。

今日は自分の強みを活かすことの重要性について書きます。

 

あなたは丸腰で戦うか?

自分の強みを認識しないで生きているのは、自分がどんな装備なのかわからないままゲームをプレイするようなものです。

自分には何ができるのか、どういう場を用意できれば有利に立ち回れるのかを把握しておくことはとても大切なことです。

「人生は戦争だ」というつもりはありませんが、例えば、自分の装備がスナイパーライフルの人が最前線に突入しても活躍することはできないですよね?

同じように、誰かを治療するための医療器具を持っている衛生兵が敵の攻撃の届かない後方にいても役に立たないし、前線で戦うためのマシンガンを持った人が後方から援護射撃をしていても弾丸は届きません。

適材適所。その人の強みに応じて、活躍できる舞台、活かせるシチュエーション、有効な立ち回りというのがあります。

自分の強みを把握していないのは、丸腰で戦っているようなものです。

 

自分の強みを活かす場や機会を設定する

例えば、ぼくはある診断で最上位能力が「社会的知性」と診断されたのですが、この能力を持つ人は人間の感情の機微に敏感だったり、人とコミュニケーションをとったりするのが得意なようです。

確かに、ぼくは人とコミュニケーションを取ることが好きで、ひとりでいるよりも誰かと過ごしたほうが幸福を感じられます。
飲み会やパーティーなど人が入り乱れているような状況で場を回したりすると、自分の能力を活かしている実感が得られて自己効力感が高まります。幸福感を感じます。
それなので、ナンパしたり飲み会に参加したり定期的に自分の能力を使う場を設定するようにしています。

 

人生に戦略を持て

今回の話で、何が言いたいのかと言うと、「自分の強み」というのは各々に配られている武器であり、それを活用することで、自信をつけ、自己効力感を高め、幸福を感じることができる。人生の質(QOL)向上の原動力として機能させることができるということです。自分の強みを活かすことで、結果的に社会的な成功にもつながることもあるでしょう。

自分の持っている武器(=強み)を基に戦略的に生活を組み立てる。

これにより、日常の質は大きく上がります。

そして、強みを活かすだけでなく、逆に苦手分野(=弱み)は最小化するように立ち回ることで、ストレスを最小化することもできます。

これがぼくの主張する人生戦略です。自分の強みと弱みを把握して、戦略的に生活を組み立てようということです。

生活の中に、基本的な戦略(行動指針)があれば、判断をする時に迷うことは少なくなり、誤った判断によって自分の苦手な状況に陥る可能性を下げることができます。自分の強みと弱みを把握し、人生に戦略を持つことは、自分の中に判断の基準を持つということです。世間では、そうしたしっかりとした判断基準をもっている人のことを「芯のある人」と呼ぶのでしょう。

丸腰で生きるのはやめましょう。
まずは装備の確認をしましょう。

そして、無策で生きるのをやめましょう。
戦略を持ち、無策で生きる雑兵を蹂躙しましょう。
時間の経過とともに積み重なった戦略的判断は、圧倒的な差を生みます。

自分の人生の指揮官は自分です。
指揮官として、自分の能力を活かした戦略を練り、人生をよりよく導きましょう!

 

それでは、また!

ミギマワル(@migimawaru

 


プロブロガーの人がよくこれを売ってますね。新品についているコードが無いと診断ができないそうです。
役に立つかもしれませんが、ぼくは使ったことはありません。自己責任でどうぞ。

ちなみに、これもプロブロガーの方の伝統芸能的な流れですが、リクナビNEXTに登録すると同様の診断が無料でできます。

グッドポイント診断|リクナビNEXT

これはぼくも実際に使いました。こちらでも十分強みの把握に役に立つと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です