実際に使って感じたマッチングアプリを使うメリット

先日の記事の続きだ。

今日はマッチングアプリを使うことのメリットについて書く。

 

出会いを選べる

一般的に出会いというのは偶然によるものが多い。

合コンや友人の紹介、職場に新しく入ってきた人。そういった出会いで好みの女性に出会えればいいが、それは運次第だ。

しかし、マッチングアプリにはプロフィールやプロフィール写真があるので、はじめから好みの外見の人を選んでアプローチを掛けることができる。

はじめから好みの外見、好みの趣味嗜好を持つ相手を探して、出会いを自分で選ぶことができる。

 

大胆に判断が下せる

普通の出会いだと、自分の人間関係や仕事関係など、しがらみが多い。

そうした考慮する要素が増えれば増えるほど判断は複雑になっていく。

シンプルに考えれば、答えが明瞭なことも判断が複雑になると決断がしづらくなるし、正確な判断ができなくなる可能性もある。

しかし、マッチングアプリでの出会いは、Facebookに連動しないと登録できず、友人にバレないように共通の知人などが検索候補に出てこないという仕組み上、良くも悪くも自分の普段の人間関係の外での出会いだ。

連絡をしていて気が合わなければ返信をやめればいいし、会ってみて、また会いたいと思わなければ連絡を断てばいい。それだけのことだ。これが、友人知人の紹介だったら無下にはできない。時間とお金を必要以上に浪費することになってしまうかもしれない。しかし、マッチングアプリならば、自分の人間関係などに影響は出ない。冷静かつ大胆に判断して、シンプルにそれが実行できる。これは、とても大きなメリットだ。時間もコストも大幅に圧縮できる。

 

新しい人間関係が開ける

今までの人生では、決して出会うことの無かった人と出会える。これは素晴らしいことだと思う。

自分の既存の人間関係の延長線上に無い、新しい人間関係を築くことができる。

それはとても刺激的な事だ。

 

終わりに

出会い方になんて拘っても仕方がない。

一昔前なら基本的には自分の交友関係の延長線上にしか出会いは存在しなかっただろう。

しかし、テクノロジーの進歩が新しい出会いの形をもたらした。それがマッチングアプリだ。

今までなら決して繋がることの無かった相手と、しかも、外見や趣味嗜好を確認した上で、相互の合意のもとに出会えるのだ。こんなに楽な話は無い。使えるツールはなんでも使うべきだ。

一緒にいて楽しい素敵なパートナーと出会うためには、出会いはたくさんあった方がいい。

限られた選択肢の中から選ぶのではなく、選択肢を増やし、可能性を広げ、その中から最良の選択をすることが幸福になることに繋がると、僕は思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です