オナ禁からモテまでの道のり 第一歩【髪型】

今日は、モテたくてここまでオナ禁してきたあなたに、いきなり、身も蓋もない話をする。

モテるためには、最初はどうしてもある程度のルックスが必要だ。

これは、どうしても避けては通れない道だ。

仮にあなたが、とてつもなく話が面白くても、すばらしく優しくても、外見がどうしようもなかったら、相手にされない。

その場合、自分の能力を発揮するチャンスが与えられることはないんだ。

悲しいが、それが事実だ。

だが、あなたがイケメンじゃなかったとしても別に気にする必要はない。

外見が良ければ、それに越したことはないが、足切りされないレベルまで外見を持っていけばいいだけだ。

まずは、戦いの舞台に上がれるルックスをつくろう。

オナ禁の効果を活かすためにも、モテ効果を実感するためにも、ルックスの改善にぜひとも取り組んで欲しい。

そういうわけで、今日は、外見を効率よく改善する方法について書く。

「バカヤロー!俺はイケメンだよ!」という方は、この記事は読み飛ばしてくれ。

 

センスってなに?

ルックスの改善に取り掛かる前にひとつ重要なことを話したい。

あなたは、センスとは何かわかるだろうか?

よくファッションについて「センスがいい」とか「センスがない」というが、センスというのは、即ち

理想の状態とその人の感覚のギャップのことだ。

オシャレといっても、今、バブル期のファッションを見れば誰もがダサいと感じるだろう。

オシャレの感覚は時代とともに常に移り変わり、変化している。

オシャレというのは、メディアによって作り上げられ、みんなが良いものだと共通認識している感覚のことだ。それをトレンドという。

だから、時代によってオシャレの感覚は違う。トレンドは移ろう。

トレンドが移り変われば、かつてのオシャレも現在のトレンドとのズレが大きくなる。

すると、ダサいと認識されるようになる。

センスがいいとか、ダサいとかいう感覚は、トレンドからの距離感によってもたらされる。

その時々に世間で認識されている『オシャレ』に近い感性を持っていることを「センスがいい」というのだ。

ファッションセンスがいいというのは時代のトレンドを読み、自己の感覚をそれに合わせてチューニングすることのできる能力だ。それこそが「ファッションセンス」という漠然とした能力の正体だ。

ファッションセンスも含め、技術はどれも突き詰めれば奥が深い。

だが、どんな技術も初歩は簡単に身につけることができる。そのため、一定の水準に到達していない状態では、すばやく、圧倒的な効果を発揮する。

前置きはここまでにしておこう。

ここまでの話で大切なのは、自分にファッションセンスが無いと思うのなら、それは、「自分の感覚と、トレンドとのズレが大きい」ということだ。それを踏まえた上で改善点について話を進めよう。

 

髪型が8割

髪型が決まっていれば、それだけで印象はガラリと変わる。

世の中には、雰囲気イケメンという人たちが存在する。

「冷静に顔を見ると別にイケメンじゃないんだけど……トータル、なんかイケメン」そんなふうに仕上がっている人たちだ。

僕の個人的な感覚では、雰囲気イケメンはその成分の8割が髪型によって成り立っている。

髪型がしっかりと決まっていれば、あとは、服装によって減点されない限り、そこそこまともになる。

ということは、髪型さえキメられれば外見の改善は、大きく前進するということだ。

髪型は、その人のキャラクターや顔型などによって似合う似合わないがあるので、一般化して語ることができないが、ヘアカタログを見て、よくイメージして欲しい。

ヘアカタログを見るときは、ついついイケメンに目が惹かれて、髪型云々ではなく、イケメンが格好いいと感じてしまうが、冷静に、自分がその髪型になったところを想像して欲しい。そのうえで、美容室に行き、その写真を見せて「こんな感じにしたいんですが、似合いますかね?」と聞いてみよう。

美容師さんの客観的な意見も取り入れながら、自分に似合う髪型を見つけるんだ。

その時に、一点注意してほしいのが、自分の尖ったセンスを発揮しないということだ。

ルックス改善のキモは、自分が気に入るかどうかではない。

他人にどう見られるかということだ。

そこを忘れないで欲しい。奇抜さはいらない。

 

髪の毛を切ってもらったら、次は自分でセットをできるようになる必要がある。

髪の毛のセットは、ブローがとても大切だ。

以下の動画がとても参考になる。

この動画を見てから、セットするのがとても楽になった。ありがたい。

セットにはワックスと、スプレーを使おう。

スプレーを使わないと、すぐに髪型は崩れてしまう。

僕の利用しているワックスとスプレーだ。

 

これで、髪型は整うはずだ!

長くなってしまったので、今日はここまで。

明日は、服装について書く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です