ブログの更新がシンドイ時に思い出したい3つのこと

こんにちは

ミギマワルです(@migimawaru

最近、ブログ記事の内容に拘り更新が滞りがちだった。

ブログ記事に書くほどのことがないと思い、何を書けばいいのかわからない状態になっていたが、そもそも普通のサラリーマンの一日一日にそんなに大きな変化があるはずもない。そのことに気がついたら楽になった。

 

自分に期待しすぎない

どうして書けないのかと思ったけれど、ぼくは自分に期待しすぎていたようだ。

もっと何か格好いいことが書けるはずだ。もっと読んで貰える役に立つ記事が書けるはずだ。

そんなに期待ばかりかけても実力以上は出てこない。

書けないということは今の自分の実力はそのくらいだということだ。

別に悲観する必要はない。潔く認め、やれることをやろう。

それでどうしたらいいのかと言うと、今の自分に書けることを書くだけだ。

「継続」は誰もに等しく配られた武器だ。

 

些細なことを積み重ねる

小さなことをコツコツと積み重ねる。淡々と繰り返す。

今日書くことで明日は少しだけ上手く書けるようになる。

些細なことの積み重ねの結果として、ある日大きな変化は訪れる。

誰だって得られるのなら今すぐ結果が欲しい。

ただ、そう簡単にはいかない。結果が出るまでにはある程度の継続的な努力が必要なんだ。

そして、それに耐えられないからほとんどの人は脱落していく。

継続、それができるだけで頭一つ抜きん出れる。

 

自分の感度を上げて些細なことを書き出していく

感情はナマモノだ。感情が乗った思考は作り出そうと思っても再現するのは難しい。やはりその時の勢いみたいなものがある。

感じたこと、思ったこと、そうした些細なことは今日書かなかったら明日には忘れ去られ二度と書くことはないだろう。

なんの役に立つのかもわからない感情の殴り書きや、ぼんやりとした思いも記録し続けることで輪郭が明確になり自分の中に埋まっていた願望が現れてくるかもしれない。後になって振り返ってみれば何か意味を持つ時が来るかもしれないし、もしかしたら誰かの役に立つかもしれない。

自分の日記を振り返ってみても思う。それを書いた時は何気なく書いていても、後になって読んでみると今の自分のヒントになったりする。

記録とはそういうものなのかもしれない。

 

まとめ

まあ、とにかく、ブログの更新がシンドくなったらこれを思い出そう。

自分に期待しすぎない。難しく考えずにとにかく継続する。感度を上げる。

ブログはもっと自由にやっていい。

そう思った。

 

それでは、また!

ミギマワル(@migimawaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です