ルーティンによるセンサー

日常を良習慣で包囲すると自分の些細な変化に気付けるようになる。

ルーティンが崩れている時は、気をつけたほうがいい。

いつも通りを逸脱するのは、良い方向の変化の場合もあれば悪い方向の変化の場合もある。

人間は本質的に怠惰な生き物だから、意識的に行動を変えているのでない限り、それは自分を引き下げる方向に向かっている可能性が高い。

良習慣を身に着けてルーティンを組めていれば、自分の些細な変化に気づくことができる。

例えば、ぼくの場合は日記書きが滞る時がある。

それは悪い変化の兆しだ。そう気づいた段階で生活を整える。

原因は何なのか考えて対策を打つ。

今のルーティンは乱さずに意識して少しずつ新しい良い習慣を身に着けたり習慣を改善するのがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です