『やりたいことがわからない』の対処法

やりたいことがわからないって人、いますよね。
まあ、僕がそうだったんですけど。
そして、それが苦しくて気持ち悪くてしょうがないから、なんでなのか考えて、解消法がわかりました。同じ悩みを抱えている人の役にたてば幸いです。

やりたいことは、実はある

いきなりですが、お金も時間も好きなだけあって、何もかもが思い通りになったとしたら何をしますか?どんな職業にでも就けるとしたら?どこにでも行けるとしたら?
これなら多分、やりたいことがわからないという人も何か思いつくのではないでしょうか。
ただ、そんな妄想してどうすんだよって声が聞こえてきそうですが、ひとまず、なにかしら、やりたいことはありましたよね。

問題は、どうすればいいのかわからないということ

僕は妄想大好きなんですが、妄想は妄想なんですよ。意味ないんですよ。
それだけで、なにもしないのならば。
現状がある程度安定していれば、人間、欲が出てくるものだと思うんですよね。そもそも、やりたいことがわからないって思うのは少なくとも何かをしたいという余裕はあるということなんですよね。そして、さっき考えたようになんの制限も無ければ誰にでもやりたいことはあるんですよ。なのに、やりたいことがわからない、なにをすれば良いのかわからないと思ってしまうのは、自分の理想のイメージと現実とのギャップもしくは壁が大きすぎて、そこに至るまでの具体的な行動が描けないからだと思うんです。目標に至るまでの道のりが複雑だとか、長期的な努力が必要で、現状その目標に到達するほどの実力がないとか、今すぐにはどうすることもできないと、やりたいことがわからないという状態になってしまいます。こうなると、適当な娯楽をいくらやっても満足できない。その時は楽しくても、少し時間があると虚しくなって、また、やりたいことがなんなのかわからないというふうになってしまいます。
だって、本当はやりたいことはあるんだから。
それを無視して関係ないことをしても自分の欲求は満たされないんですよ。問題は、自分の理想に向かって、具体的にできることがない(わからない)からなんです。
だから、やりたいことがわからないと悩んでいる人は、今、進歩しようとしているということなんだと思います。理想のイメージがあるからこそ、そのギャップにより、何かやらなきゃと考えるんですから。現状に満足しているなら、そんな悩みは抱えませんよね。
つまり、『やりたいことがわからない』を解消するためには、自分が本当はやりたいと思っていること(理想)に向かう具体的な行動があればいいということです。

ひとまず、やってみよう

あなたがどんな理想を持っているのか、それはわかりませんが、前進するための第一歩を計画しましょう。これで、『やりたいことがわからない』とはオサラバです。
計画は簡単なほうがいいです。難しく考えないでください。難しいことを考えると、その時点でめんどくさいし、実行するのはもっとめんどくさくなります。「最初の一歩小さすぎだろ!」と自分でツッコミたくなるくらいのほうがいいです。まず、大切なのは最初の一歩を踏み出すということだからです。しかし、どんなに小さくても、その一歩は偉大な一歩です。なぜならあなたは成功したからです。進むべき方向がわかれば、後は、その方向に向かって前進し続ければ必ず目標にたどり着くからです。『やりたいことがわからない』と悩んでいるあなたに、ぜひ、試してみて欲しい。建設的な行動は、人を前向きさせる。理想のあるあなたには、この一歩は確かな前進だと実感できるはずだから。

それではまた。
ミギマワル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です