新しいことに挑戦するなら黙ってやれ

新しいことを始める時に「今度○○やってみようと思ってるんだ。」といちいち誰かに話していませんか?
あれって、いいことないですよね。

誰かに宣言することのリスク

○○しようと思っているという具体的な行動を起こす前の状態は自分の意志はまだ不安定。何かしら迷いがあるから他人に意見を求めているのだと思う。
そんな時に自分のやろうとしていることに対して他人から疑問を投げかけられるとせっかくのやる気に自分自身も疑問を持ってしまう。
なぜそれをしようとしているのかと変に理屈っぽく考えてしまう。だが、本来たいそうな理由なんて必要ない。自分がやりたいからやるだけ。他人のなんで?とかいう疑問なんてどうでもいい。無駄に質問を受けて、始める前からやる気を萎えさせる必要はない。

そのアドバイスに説得力あるの?

自分がやりたいことなら黙ってやればいい、他人の意見なんて関係ない。聞く意味もない。勝手に始めればいい。
だが、黙ってやっていても自分がやろうとしていることに対して「やめたほうがいい」とか「そんなこと無駄だよ」とか否定的な言葉をかけられることもある。そんな時は、それに説得力があるのか考えたほうがいい。根拠があってのものならともかく、それをやったこともないやつの根拠のないアドバイスなんて、なんの説得力もない。試してみたことすら無いやつはせめて黙ってろ。

より具体的に物事を進めるために、自分のやろうとしていることが既にできている人にアドバイスを聞くのなら、それは意味のあることだと思うが、物事を始める前にアドバイスを求めても仕方がない。何事もやってみなければわからない。やってみて初めて助言を受ける必要があるところも見えてくる。

友人の話

学生時代に不言実行を座右の銘にしている友人がいた。彼は周りに流されること無く、自分でやりたいことをしっかりと見据えて、行動していた。数年前に再会した時も着実に前進していた。
新しい行動を起こそうとする時、周囲からは必ず元の状態に引き留めようとする力が働く。
彼は当時からそのことを理解していたのかもしれない。
できるやつはいちいち他人に無意味な意見なんて求めない。

最後に

他人に意見を聞くのは、ビビっているからだと思う。
「○○しようと思っている。」と言う人には2種類いる。
ひとつめは自分の願望を自分で諦めることもできず、誰かに否定してもらいたいだけの人。
ふたつめは願望を実現するために、勇気づけて背を押してくれる言葉を欲している人。
見極める方法は簡単だ。前向きに、その人がやろうとしていることを肯定し、やってみるように促せばいい。
否定してもらいたいだけの人は、励ましても決して行動しない。さらにこじらせていると、行動するように見せかけて延々と準備だけを整える。あと一歩を決して踏み出さない。そうやって、いつまでもそれをしようと”思う”ことから抜け出さない。
背を押してくれる言葉を欲している人は、ほんの少しの励ましで必ず行動する。
どちらが前進をしていくかは明らかだ。
新しいことを始めるのは怖いかもしれないけれど、気になってしまった時点で自分がどうしたいのかはわかりきっている。うまくいこうが失敗しようが、全部自分でやって確かめるしかない。それには他人は関係ない。
だから、何も言わずにやればいい。
そして、もしもあなたが新しく何かを始める時に、根拠もなく否定的な言葉をかけてくるやつがいたとしたら、そんなやつにはこう言ってやればいい。

おまえには関係ないだろ。黙ってろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です